コラム|松山市小村町で歯科・歯医者をお探しの方は【グリーン歯科クリニック】まで

  • 急患随時受付中
  • 女性歯科医師在勤
  • 保育士資格を持ったスタッフ在勤
  • CT完備
〒791-1125
愛媛県松山市小村町331-1

tel:089-963-4180

24時間WEB予約
診療時間
9:00~12:00
13:30~20:00

休診日:日曜・祝日
=水曜、土曜午後13:30~17:00

コラムColumn

コラム

タバコがもたらすインプラントへの悪影響について

皆さんこんにちは。

グリーン歯科クリニックです。

 

喫煙習慣は、全身にいろいろな悪影響を及ぼします。

 

最も一般的な悪影響は呼吸器に対するダメージで、毎日タバコをたくさん吸っている人は、肺がんにかかるリスクも急増します。

 

同時に、お口の組織に与えるダメージも大きいのがタバコの特徴です。

 

とくに、インプラント治療を受けた人は、できるだけタバコを吸わないようにした方が賢明といえます。

 

ここではそんなインプラントとタバコの関係について詳しく解説します。

 

タバコがもたらすお口への悪影響

タバコの煙は、お口を通って肺へと送り込まれていきますよね。

 

ですから、喫煙習慣があると、どうしてもお口の中にまで悪影響が及んでしまいます。

 

具体的には、タバコに含まれる発がん物質によって、口腔がんのリスクが上昇します。

 

また、一酸化炭素やニコチンなどが歯周組織に作用して、歯茎の血流を悪化させることもあるのです。

 

その結果、歯周病を発症しやすくなります。そこで関連してくるのがインプラント治療です。

 

歯周病にかかるとインプラントが脱落する?

インプラントにとって、歯周病は天敵です。

 

なぜなら、インプラント体と呼ばれるチタン製の人工歯根は、顎の骨と歯茎に支えられているからです。

 

これらの組織が歯周病によって破壊されると、最終的にはインプラントが脱落してしまうことも十分あり得ます。

 

そして、タバコを吸う習慣は、歯周病を悪化させる代表的なリスク因子として有名なのです。

 

つまり、インプラント治療を受けた人が喫煙習慣を継続していると、インプラントの寿命も縮まることがあるのです。

 

せっかく、時間とお金をかけて入れたインプラントですから、できれば10年20年と使い続けていきたいものです。

 

まとめ

このように、インプラントとタバコというのは、とても相性の悪いものです。

 

インプラントは歯茎や歯槽骨といった歯周組織に支えられて口腔内に存在できるものなので、それらを破壊する原因は、可能な限り取り除くことが大切です。

 

ちなみに、タバコを吸う習慣は、歯周病だけでなく、むし歯や歯の着色などを引き起こす原因ともなりますので、お口の健康を守る上では禁煙することが最良といえます。

 

医院名 グリーン歯科クリニック
院長 尾崎 忠良
所在地 〒791-1125 愛媛県松山市小村町331-1
電話番号 089-963-4180
URL https://www.greendental-clinic.com/
業務内容 歯科・小児歯科・歯周病治療・入れ歯・義歯・予防・クリーニング・歯科口腔外科
説明 愛媛県松山市小村町にある「グリーン歯科クリニック」です。むし歯、歯周病、入れ歯製作、顎関節症、インプラント、矯正歯科、小児歯科など、幅広い診療を行っております。

最寄り駅は高浜・横河原線鷹ノ子駅で、駐車場も10台完備しておりますので、お車での通院も可能です。平日だけでなく、土曜日も診療を行っております。

松山市で歯を出来るだけ削らない、抜かない歯医者をお探しなら、ぜひグリーン歯科クリニックまでご連絡ください。当院には女医も勤務しておりますので、女性患者さんや小さなお子さんも安心して治療を受けることが可能です。患者さんに対して優しい診療を行う歯科として、松山市では評判となっております。


ページトップへ