むし歯の治療|松山市小村町で歯科・歯医者をお探しの方は【グリーン歯科クリニック】まで

  • 急患随時受付中
  • 女性歯科医師在勤
  • 保育士資格を持ったスタッフ在勤
  • CT完備
〒791-1125
愛媛県松山市小村町331-1

tel:089-963-4180

24時間WEB予約
診療時間
9:00~12:00
13:30~20:00

休診日:日曜・祝日
=水曜、土曜午後13:30~17:00

むし歯の治療Cavities

むし歯について

歯についている歯垢(プラーク)には、さまざまな種類の細菌がたくさん潜んでいます。そのうちのミュータンス菌などのむし歯菌が酸を作り出し、歯を溶かすのが「むし歯」です。
食後の歯磨きが不十分だったり磨かずにいると、歯垢はお口の中に残ったままになります。すると歯垢の中のむし歯菌は食べ物の糖をエサにして増え、作り出した酸で歯を溶かし続けます。こうしてむし歯ができるのです。
むし歯が悪化すると、歯の内側の神経まで感染したり、歯ぐきから出た歯が崩壊することもあります。その結果、抜歯以外の治療ができなくなることもあります。
むし歯も早い段階であれば簡単な治療で終わります。違和感を感じたら早めに治療を始めましょう。

こんな症状ありませんか?

  • 冷たい食べ物・飲み物に歯が痛む

  • 温かい食べ物・飲み物が歯にしみる

  • 刺激がなくても歯が痛くなる

  • ものを噛むたびに歯が痛くなる

  • 食事中に歯が痛みやすい

松山市小村町・グリーン歯科クリニック

むし歯の原因とは

普段のお口の中は中性ですが、食事をするとむし歯菌が作った酸によってお口の中は酸性に傾きます。この酸によって歯の表面は溶けますが(脱灰)、だ液の力で再び中性に戻り、溶けた歯の成分も取り戻されます(再石灰化)。
ところが、歯磨きが不十分だったり歯を磨かずにいると、食べカスや歯垢はお口の中に残りなります。その結果、むし歯菌が酸を作り続けてしまい、だ液の再石灰化だけでは追いつかなくなってお口の中が酸性になり続けます。こうして歯の表面は溶け出してしまい、むし歯ができるのです。

松山市小村町・グリーン歯科クリニック

むし歯が進行すると

むし歯の初期には、歯の表面が白く濁ったり黒ずむだけです。痛みやしみる感じなどの自覚症状はありません。むし歯が進行するにつれて、痛みやしみる感じを覚えるようになるのです。やがて歯の内側の神経や歯の根まで感染が広がると、痛みが増したり全身の健康にも影響を及ぼすなどのトラブルが起こります。
なお、むし歯をしっかり治療しても、時間が経つにつれて詰め物や被せ物は劣化していきます。やがて歯と詰め物・被せ物の間にすき間ができ、そこからむし歯を再発しやすくなります。こうして治療を繰り返せば繰り返すほど、本来の歯は削られて減っていき、最終的に抜歯するようになるのです。

大人と子どものむし歯の違い

大人のむし歯の特徴

松山市小村町・グリーン歯科クリニック

親知らずの抜歯や辛い症状にも対応

大人になると、歯のつけ根にむし歯ができやすくなります。これは加齢や強いブラッシングによって歯ぐきがやせて下がり、歯のつけ根の象牙質がむき出しになりやすくなるからです。
また、むし歯の痛みを感じにくくなり、気づいた時には悪化していることもあります。年齢を重ねることで象牙質が厚くなって、神経が通る歯髄が狭まり、刺激を受けにくくなるからです。
さらに銀色の詰め物・被せ物は時間が経つと歪んで歯との間にすき間ができることがあります。このすき間にむし歯ができるケースも多いのです。
正しいブラッシングで小まめに歯を磨き、定期的に検診を受けてむし歯の早期発見と早期治療、予防を心がけましょう。

子供のむし歯の特徴

松山市小村町・グリーン歯科クリニック

乳歯や生えて間もない永久歯は未熟なため、大人の歯に比べて歯質が弱くやわらかです。表面を顕微鏡で見ると細かな凸凹が見られます。そのためむし歯になりやすく、進行も大人よりも早めです。
また、ほ乳ビンで甘い飲み物をよく与えていると、前歯が溶けたようになくなるほ乳ビンむし歯になることがあります。
乳歯のむし歯を放置すると、永久歯までむし歯になりやすくなったり、正しい位置に生えなくなる、顎の成長に影響するなどのトラブルにつながります。
初めての乳歯が生えたら仕上げ磨きを始めるとともに、予防に取り組むのがおすすめです。小さいうちから歯科医院で予防ケアや検診を受けて、予防習慣を身につけていきましょう。

ページトップへ